美友堂鍼灸院のホームページへようこそ


はり・きゅう治療が初めての方へ
 
 初めてはりきゅうに 掛かろうとしている方は、たいへん不安であると思いますし、また
実際は良く分からないという人が多くおいでになると思います。
 鍼灸治療に不安を抱いている方に少しでも理解していただき、早く治療を受けていただ
けるきっかけになればと思い以下のような内容のものを作成いたしました。治 療を受ける
参考にしていただければ幸いです。

▼鍼灸の歴史は?
 
漢方医学〈鍼灸・あんま・漢方薬〉は今から1500年ほど前、古墳時代の末期に仏教とともに古代中国から輸入
されたと伝えられています。
 日本での開祖は、飛鳥文化をつくった聖徳太子によって普及され、その後多くの有名な漢方医が古典医学の
書物から漢方医学を学び、継承しながら発展させてきました。それが長い年月をかけて
 現代に伝承されています。
 東洋医学は、日本・中国それぞれに、古典を基本に発展してきましたが、普及していく過程で多少異なった発
展のしかたをしています。
 例えは゛中国では腹診をあまりしません。またハリの太さ、材質などに差があります。

はりの材質は?
 鍼は、単なる金属の細い棒です。
 鍼の材質は、ステンレス、銀、金が使われており、ステンレス鍼がその中でも一番需要が多いです。
 鍼の太さは、0.14mm〜0.24mm、長さも30mm〜60mm程度のハリが最も需要があります。
 ですから鍼は、髪の毛程度の太さしかありません。
 現在使われている鍼は、ほとんど使い捨て〈ディスポーザブル〉鍼で、そうでない場合でも高圧蒸気滅菌器〈オ
ートクレープ〉を使い滅菌処理をしていますので、各種感染症に対しては、ほとんど問題ないものと認識していま
 す。

▼鍼は痛くないか?
 いつも質問されることですが、鍼は「痛くないですか?」とか「血は出ないんですか?」などの質問を受けることが
多くあります。
 鍼灸のハリは、注射針と違って組織を損傷させる事はほとんど無いといってもいいです。それはどういう事かと
申しますと、組織をハリが入って行く分だけ、かき分け広げながら入って行きますので出血を見ることはほとんど
ありません。
 また基本的に痛みもありません。 しかし過敏な体質の人は痛みが起こる事もありますので、その時はより慎
重に治療を行います。すべて治療家の技術に掛かっている事なのです。
 また必ずしも鍼を皮下に刺入しなくても身体に対して良い変化を起こさせる事ができます。
 人体には、肉体だけではなく精神あるいは心が内在されています。そこには目には見えないレベルで何かが
交流している。それを東洋的な表現をすれば「気」そのものに他ならないのです。
 これを治療家が、意識を利用して患者さんに、この「気」を身体全体に巡らすことにより患者さんの状態が良い
方向に変化していきます。ですから必ずしも皮下に刺入しなければならないというもので
  もありません。子供や乳児などの治療には、テイ鍼〈ていしん〉と言って刺さない鍼で治療を行います。

▼病気をどう捉えているか?
 生きている体は温かい、それは身体のどこにも異常な個所がない、それが健康という事になります。

 人間の生命力は、生まれたての赤ちゃんが100%
の生命力になります。その生命力は目には見えない
が徐々に減衰していて、昨日より今日の方が生命力
は落ちていることになります。当然年齢を経るに従っ
て自然治癒力も高まらなくなり、身体の代謝も落ちる
事から年を取ると体が冷える傾向になります。
 それに加えて遺伝的な要素、普段の生活の中での
ストレス、食生活のしかた、睡眠の量と質、労働の状
況や過去の病歴、交通事故の後遺症など、たくさん
の事が体の状況を変えることになります。
 その結果、足が冷える、肩が凝る、腰痛、胃痛、慢性
 便秘、膠原病などなど病名を挙げればきりがないほどありますが、元をただせば自分の中から発病している
ことであり、外から体に侵入されて病気になっている状態は一つもありません。
 例えばインフルエンザに罹る人と罹らない人がいます。罹る人は、体の中に抗体が少ない、あるいは無い場合
などは、そのインフルエンザ菌を受け入れることになります。病気になるほとんどの人
  が体を酷使しています。体は休みたいのに休ませてもらえないという状況からある時必然として発病すること
になります。
  ですからインフルエンザ菌などに感染した自分の身体の側に問題があるということになります。
  如何に身体を大切に使って、健康で溌剌とした生活を送ることができるかが、必要になります。
  体調を崩した時は、むやみに西洋薬に頼るのではなく、まずはゆっくり身体を休めては如何でしょうか。自分
の内側である五臓を整えることが免疫力の高まることにもなります。
 風邪をひきやすい人や体質の弱い人は今一度、自分の生活全般を見直して、良くないと思われる事がありま
したらそれを改善してみることで変わる可能性は大いにあります。
美友堂鍼灸院 
  院長 中島克実


トップページへ ご案内 受診時の注意 診療日・時間 受診料について 案内図
リンク 食養生の心得

院長挨拶